甲子園球場及び近辺のホテル・宿について

甲子園球場

正式名称は「阪神甲子園球場」。

日本で一番有名な野球場ではないでしょうか。

もう単純に「甲子園」
と言い切るべきかもしれませんが、
そうなると人によっては、
春夏の高校野球全国大会そのものを連想する場合もあるんで
なんともややこしい。

たしかに、
プロ野球球団(阪神タイガース)の本拠地としての役割と、
高校野球の聖地としての側面が同居するという、
野球ファンのみならず我々日本国民にとって
ある種の「高揚感」「特別感」満載の野球場、
と言ってもあながち言い過ぎじゃないかも。


2007年頃から改修工事が進み、2010年大幅リニューアル。

もちろん、工事は完了したものの
バックネット裏を覆う大屋根「銀傘」と
時計台を模したようなスコアボードの雰囲気はそのまま。

以前は、球場外壁全体に生い茂った蔦の外観が特徴的でしたが、
リニューアルに当たって、蔦が再植栽されましたので
その蔦が下から徐々に伸びて範囲を広げてきてはいますが
外壁はまだ今のところレンガの露出部がメインになってます。


老朽化対策や耐震工事、バリアフリー化・環境対策も済んで
快適性がぐんと向上しました。

個人的にはフードコートが出来たのが嬉しい。

名物の串焼きとカレーが健在なのも二重丸。


最寄り駅は、阪神電鉄・阪神本線「甲子園駅」。

駅を降りて球場に向かえば、
43号線を越えて、すぐ正面に入場券売り場が見えます。


そのせいもあって、というわけではないんでしょうが
甲子園球場には駐車場が無く、かつ周辺は全面駐車禁止。

まあ、お越しにあたっては基本阪神電鉄をご利用ください、
ということですね、要は。


ちなみに甲子園での試合開催日は
阪神線利用者にとってはある意味鬼門。

試合終了前後にはもう本当に混みます。

中には、混雑を避けるために、
隣の「鳴尾駅」(大阪方面)、「久寿川駅」(神戸方面)まで
歩く人もいるくらい。


あと、初めての方は、駅名だけ見て、
JR「甲子園口駅」を、甲子園球場にすぐ近い駅だと勘違いすると
とんでもなく歩かされることになるのでご注意あれ。

徒歩だと約30分。

もしも甲子園口駅に行ってしまったら
おとなしくタクシーか阪神バスに乗りましょう。

球場まで約10分。

バスだと、
阪神甲子園、又は、ららぽーと甲子園西下車ですよ。


このサイトでは、
阪神甲子園球場での野球観戦にあたって
近くて便利と思しきホテル宿をご紹介します。

宿泊した感想含めて色々書いてますので
予約の際の比較検討材料のひとつにして下さい。

皆さんのお役に立てれば本当に嬉しい限り。

ではご覧下さいませ。



タグ:注意事項
【管理人よりの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。